大豆製品は料理に使いやすく血糖値の改善に役に立つ

大豆製品は非常に重要です。生活習慣病を改善するのにとても役に立ちます。大豆は非常に栄養価が高い食品です。必須アミノ酸が平均的に含まれており、血中コレステロールn改善や血圧の改善、メタボ対策の1つの成分になります。

02025eb7473750ce48c913534f4356b8_s

大豆といえば、ポリフェノールの一種でイソフラボンが含まれています。バストアップに効果的だという事ですが、コレステロールや中性脂肪の改善、血糖値を下げる効果が報告されています。まだ、詳しいメカニズムは分かっていないそうです。

また、血糖値サプリで販売されているのが、豆鼓エキスです。豆鼓エキスとは。大豆を麹で発酵させた物です。

これは、糖の吸収をおさる事が出来るので、血糖値の急上昇を抑える事につながります。実際に、実験でも血糖値が下がったのが確認されたそうです。

もう一つなのですが、まだまだ課題はたくさんありますが、生の大豆には、トリプシンインヒビターという成分が含まれています。

この成分は、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞を活性化させる働きがあります。つまり、インスリンの分泌を改善する事につながるので、血糖値の改善に期待が出来ます。しかし、生の大豆は有害物質も多く、トリプシンインヒビターだけを取り出すというのが難しいそうです。

ここからは、それぞれの大豆製品の効果についてみてみましょう。

納豆は、血栓を溶かすナットウキナーゼがあって、インスリンを活性化させるので血糖値の上昇を抑えます。

おからは、ビタミンB群、亜鉛、カルシウムと糖質、脂質を代謝させる成分がいっぱい入っています。

みそには、ビタミンEが含まれていますし、高血糖の改善に役に立つサポニンなどが含まれています。このように、大豆製品でも食費によって、プラスの働きに期待が出来るので積極的にとる事をお勧めします。

特に納豆は、レシチンという成分が含まれています。レシチンは血糖値の上昇を抑える事が出来ます。これは、約60兆個の細胞がありますが、その中に必ずレシチンが含まれています。納豆に加工してもレシチンは減らないという事です。

そして、やっぱりナットウキナーゼです。これは、酵素で血栓を溶かします。糖尿病になっている人は、合併症で脳梗塞や心筋梗塞の可能性が高いので、血液をサラサラにするので、これらの病気を予防にする事が出来ます。

卵納豆やねぎ納豆など食事のときに必ず食べるようにすると、健康にもいいですが、血液をサラサラにする事が出来ます。

血糖値を改善したいなら海藻類が一番お勧め

海藻類って薄毛の人が好んでいる食べ物だと思わっている人もいますが、そうではありません。(笑)

海藻類のヌルヌルし成分が血糖値の改善にとても役に立つのです。

 

沖縄県の人が長寿の秘訣は、海藻類を多く摂取しているからだという人が非常に多いです。なんで、海藻類が血糖値にいいのかというとフコイダンというヌルヌル成分を含んでいるからです。

このフコイダンは、もずく、こんぶ、わかめ、ひじきなどに含まれていてます。血液中の余分なコレステロールをからめとって排出していきます。

フコイダンの働きとは?

a34013cc7e6e6418b9da3b992f63334d_s

フコイダンはヌルヌルとした氏江文で、腸への糖質を吸収を抑える事が出来ます。そのため血糖値の上昇を抑える事が出来るんです。

また、ガン細胞に働いてサン細胞を自滅させる働きもあるとか!また、胃潰瘍の原因でもあるピロリ菌に吸着して、菌が胃粘膜にくっつくのを防いだり、ナチュラルキー活性と呼ばれる人間の免疫力をアップさせるという話です。

また、海藻類の中でもひじきは、マグネシウムが多く、血糖値対策にとても効果的です。マグネシウムは、糖の代謝のサポートをすします。ブドウ糖をエネルギーに変えるときには、10種類以上の酵素が必要なのですが、マグネシウムがそれらの酵素活性化挿せる働きがあります。

マグネシウムは、インスリンの効きを良くする作用もあるため、マグネシウムは糖尿病を改善するのにも必要な成分なんです。

ただ、注意したいのは、ひじきを煮てしまうとマグネシウムが一緒に成分が流れてしまうので、そこを生かした料理がお勧めです。

 

もはしとゴボウは血糖値対策としても食べる|食物繊維も豊富!

野菜は色々とありますが、もやし、ブロッコリー、ほうれん草に今回は注目していきたいと思います。これらは、血糖値対策になります。

もやしは食後血糖値の上昇を抑える

af1cebe21faf817c50049dccf99771f4_s

もやしには、色々な種類があります。大豆もやし、アルファルファなどがあります。もやしっていうと水分ばかりのイメージが強く全く栄養がないように思われています。しかし、もやしは、実は栄養価の高い食品です。

そもそも、もやしって何か分かりますか?もやしは、ダイズから発芽した物です。大豆は、豆類で良質な植物性タンパク質を含んでいます。

そのため、もやしは非常に栄養価が高く、アスパラギン酸、カリウム、カルシウム、ビタミンB群、鉄などの栄養成分を含んでいます。

もやしは、豆類から発芽したためか、抗酸化力があるビタミンCも含んでいて、整腸機能のある消化酵素アミラーセを持っています。

野菜なので、もちろん食物繊維が多く含まれていてその内の90%以上が不溶性食物線維です。不溶性食物繊維は水に溶けない性質を持っています。そのため、腸内に入ると糖質や脂質とからまって外に排出されます。

そのため、もやしは、食後血糖値の上昇を抑える事が出来るといえます。もやしは、安いですし、色々と料理に使える場面は多いと思うので使ってみると良いです。

ゴボウは食物線維も豊富でイヌリンが有効的

195ffd8c9ddce4c784ee4f73c318cfa5_s

ゴボウには、セルロース、リグニンなどの食物繊維が豊富で党内環境を改善するのに役に立ちます。大腸がんの予防にもなる食べ物だそうです。

ゴボウで一番注目されているのは、イヌリンという成分です。ごぼうの皮部分にあって、食べるのがお勧めです。イヌリンというとキクイモのイメージが強いのですが、ごぼうにも含まれているので、以外と身近な食べ物で摂取する事が出来ます。

 

シークワーサーは空腹時血糖値を低下させるのか?

citrus depressa

シークワーサーは、日本一の長寿村で昔から食べられていました。それで、沖縄県の人は、長生きの人が多いのは、このシークワーサーが関係しているのではないかという事で、20年以上前から研究が始められました。

そのシークワーサーには、ノビレチンという成分が含まれていて、がん、痛風、リウマチ、骨粗鬆症の予防にもいいとされています。美容面でいえば、老化防止、肌荒れ、抗炎症作用などに期待が出来るという事です。

これらは、動物を使った結果なので人間にも効果があるかはいまだに解明されていないようです。

シークワーサーは血糖値を低下させる?

シークワーサーには、血糖値を下げる働きがあります。シークワーサーの果汁が血糖値の上昇を抑える働きがあるのではないかという事です。

また、動物ですがマウスの実験でシークワーサーを30日間与え続けると血糖値が下がるという結果になりました。さらに、Hb1Acも下がったという事です。

これは、血糖値が一時的に下がったというだけでなく平均的に血糖値が下がったという事です。

実際に、人間でも試した人がいて同じような結果を得られたという事です。実際に体重が60キログラムの人が1日に60mlを一ヵ月ぐらい飲む事で血糖値が高めにだったのが正常値まで改善されたという事です。

でも、まだまだ確かなメカニズムは分かっていません。だから、血糖値が100%改善されるわけではないので注意してください。

玉ねぎと赤ピーマンには糖尿病予防のための良い野菜である

玉ねぎと赤ピーマンは糖尿病対策にとても良い野菜です。赤ピーマンは普段から食べない人が多いと思いますが、玉ねぎなら食べる人が多いのではないでしょうか?

その2つの食材を見てみましょう。

玉ねぎは血糖値に何がいいのか?

玉ねぎを切ると目が染みてきて涙がでますよね?その成分がイソアリインというイオン化合物で玉ねぎの辛みの正体です。

このイソアリインは、血糖値に効果があり生のまま食べると糖の代謝をアップして血糖値を下げますし、焼いて食べるt中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあるんです。

玉ねぎにはイソアリインだけでなくポリフェノールの一種でケルセチンが含まれています。

ケルセチンは、油と結合する働きがあり、腸内の油とくっついて便と一緒に排出してくれるんです。

食事のときに脂っこい物を食べるときは、玉ねぎと一緒に食べると腸内の余分な脂質を処理する事ができますし、抗酸化作用も強いので血液をサラサラにするサポートをします。

血糖値を下げたいと考えている場合は、熱処理ではなく生のまま食べるのがいいですし、栄養が逃げない様に水に軽くつけるぐらいで十分です。

赤ピーマンも血糖値改善に役に立つの?

赤ピーマンは、βカロテンやリコピン、カプサンチンという成分が含まれています。カロテノイドの一種です。

カロテノイドは、赤、黄、緑などの色素を持ち、植物、動物性食品の両方に含まれて強い抗酸化作用を持っています。

βカロテンは、体の中には肝臓で蓄えられてビタミンAに変わります。ビタミンAは、細胞膜の形成をしたり、眼の角膜を守る働きを持っています。

また、βカロテンの抗酸化力は、インスリンを分泌する膵臓β細胞を保護する働きも持っているんです。

高血糖でインスリンの分泌が悪い様であれば赤ピーマンもお勧めです。

キノコ類が血糖値の改善に役に立つ!最新研究が凄い!

c74382b13ef525fec7dedf3d4a6386af_s

キノコ類は血糖値対策になります。キノコ類は、抗ガン、抗ウイルス作用がありました。血中のコレステロールや中性脂肪を減らす事が出来ます。キノコ類は、血糖値を改善したい人にはとてもいい栄養なんです。

このキノコ類の中に特にいいのが、まいたけでです。まいたけだけは別格と思ってもらって構いません。まいたけは、ブナ科の木の根元に生えて、中国で古くから漢方薬の材料として使われていました。

まいたけが血糖値対策にいい理由とは?

まいたけは、食物繊維が糖の吸収を抑える事が出来ます。しかし、まいたけにはそれだけの働きではなかったんです。

まいたけには、D-フラクションとX-フラクションの2つがあります。この2つは、多糖類の一種でまいたけだけの独自成分なんです。

β-グルカンの1つであるD-フラクションは免疫力向上効果があって、X-フラクションには血糖コントロール効果とコレステロールの吸収を抑える効果があります。

X-フラクションは、インスリンが血液中のブドウ糖を組織細胞に送るサポートをします。そうすれば、血液の中のブドウ糖がなくなればおのずと血糖値が下がっていきます。コレステロール値が改善される事も大切です。高血糖の人は、血管が血栓ができて流れが悪い可能性が高いです。だから、コレステロールを改善する事も非常に重要なんです。

X-フラクションは、水に溶けやすく熱に弱いので水で洗わずに長時間火にかける事は止めましょう。

まいたけは栄養が豊富

まいたけには、ビタミンB類、マグネシウム、亜鉛、ナイアシンが含まれており、ナイアシンは糖質分解を促してマグネシウムがインスリンの分泌を促進する。亜鉛はインスリンを作るためには必要な成分です。

キノコ類が苦手な人にとってはかなりしんどい血糖値対策になります。無理をしなくてもいいので、安心してください。

インスリンと同じような作用をもつにがうりが血糖値改善に最適

478544f851fccbcdadbecf190283b87b_s

にがうりと聞いてもピンとこない人は意外と多いのですかね。この前話をした若い人ににがうりと聞いても「なんですかそれ?」と言われました。

「ゴーヤの事だよ!」と言うとそれなら知っています!という事でした。

こんな話はどうでもいいのですが、このゴーヤはインスリンと似たような働きを持つので糖尿病対策にいいと言われています。

ゴーヤには、ビタミンB1、食物繊維、カリウムが豊富に含まれています。ビタミンB1は、糖の代謝を高めるので血液中のブドウ糖をエネルギーとして使うサポートをします。食物繊維は、糖の吸収を抑える事が分かっています。

カリウムは血液中の老廃物を綺麗にして血圧を安定させる事が出来ます。高血圧の人は安定させるサポートが出来ます。

植物インスリン様物質があるゴーヤ

ゴーヤには植物インスリン様物質が期待されています。インスリンと同じような作用を持つので血糖値を下げる働きが期待できます。

にがうりの種にインスリン様物質(ペプチドP)はインスリンと同じ作用をするといってもインスリンの事が分かっていない人もいると思うのでインスリンの作用を軽く紹介します。

インスリンは、膵臓から分泌されて血液中の糖質を筋肉細胞に送り込む働きがあります。また、余った糖質は肝臓で蓄えられたり、中性脂肪として残ります。インスリンは、血中のブドウ糖の量を減らすために重要なホルモンなんです。

また、ゴーヤには抗酸化作用を持っています。ビタミンCやカロテンが含まれているので体から発生する活性酸素を抑える事が出来るんです。もちろん、血管の老化を防いでくれるので血圧が高くなったり硬くなったりするのを防ぐ事が出来るわけですね。

今では、ゴーヤは色々なところで栽培されているのですが、やっぱり太陽の光をたくさん浴びて育った沖縄県のが一番お勧めです。表面の凸凹したような物が鋭くて濃い緑色の物を選ぶのがいいと思います。

ゴーヤは独特の苦みがあるので食べられない人もいると思いすので血糖値の改善のために絶対に食べなければならない物ではないので無理をする必要はありません。

沖縄県で有名なシークワーサーも血糖値を下げる事で有名です。シークーワーサー自体の汁やノビチレンが血糖値を下げる役目をするそうです。まだまだ、具体的なメカニズムは分かっていないのですが、実際に血糖値が高い人にシークワーサーを飲んでもらって血糖値を計ると正常値にまで戻ったという結果になりました。