血糖値を改善したいなら海藻類が一番お勧め

海藻類って薄毛の人が好んでいる食べ物だと思わっている人もいますが、そうではありません。(笑)

海藻類のヌルヌルし成分が血糖値の改善にとても役に立つのです。

 

沖縄県の人が長寿の秘訣は、海藻類を多く摂取しているからだという人が非常に多いです。なんで、海藻類が血糖値にいいのかというとフコイダンというヌルヌル成分を含んでいるからです。

このフコイダンは、もずく、こんぶ、わかめ、ひじきなどに含まれていてます。血液中の余分なコレステロールをからめとって排出していきます。

フコイダンの働きとは?

a34013cc7e6e6418b9da3b992f63334d_s

フコイダンはヌルヌルとした氏江文で、腸への糖質を吸収を抑える事が出来ます。そのため血糖値の上昇を抑える事が出来るんです。

また、ガン細胞に働いてサン細胞を自滅させる働きもあるとか!また、胃潰瘍の原因でもあるピロリ菌に吸着して、菌が胃粘膜にくっつくのを防いだり、ナチュラルキー活性と呼ばれる人間の免疫力をアップさせるという話です。

また、海藻類の中でもひじきは、マグネシウムが多く、血糖値対策にとても効果的です。マグネシウムは、糖の代謝のサポートをすします。ブドウ糖をエネルギーに変えるときには、10種類以上の酵素が必要なのですが、マグネシウムがそれらの酵素活性化挿せる働きがあります。

マグネシウムは、インスリンの効きを良くする作用もあるため、マグネシウムは糖尿病を改善するのにも必要な成分なんです。

ただ、注意したいのは、ひじきを煮てしまうとマグネシウムが一緒に成分が流れてしまうので、そこを生かした料理がお勧めです。