大豆製品は料理に使いやすく血糖値の改善に役に立つ

大豆製品は非常に重要です。生活習慣病を改善するのにとても役に立ちます。大豆は非常に栄養価が高い食品です。必須アミノ酸が平均的に含まれており、血中コレステロールn改善や血圧の改善、メタボ対策の1つの成分になります。

02025eb7473750ce48c913534f4356b8_s

大豆といえば、ポリフェノールの一種でイソフラボンが含まれています。バストアップに効果的だという事ですが、コレステロールや中性脂肪の改善、血糖値を下げる効果が報告されています。まだ、詳しいメカニズムは分かっていないそうです。

また、血糖値サプリで販売されているのが、豆鼓エキスです。豆鼓エキスとは。大豆を麹で発酵させた物です。

これは、糖の吸収をおさる事が出来るので、血糖値の急上昇を抑える事につながります。実際に、実験でも血糖値が下がったのが確認されたそうです。

もう一つなのですが、まだまだ課題はたくさんありますが、生の大豆には、トリプシンインヒビターという成分が含まれています。

この成分は、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞を活性化させる働きがあります。つまり、インスリンの分泌を改善する事につながるので、血糖値の改善に期待が出来ます。しかし、生の大豆は有害物質も多く、トリプシンインヒビターだけを取り出すというのが難しいそうです。

ここからは、それぞれの大豆製品の効果についてみてみましょう。

納豆は、血栓を溶かすナットウキナーゼがあって、インスリンを活性化させるので血糖値の上昇を抑えます。

おからは、ビタミンB群、亜鉛、カルシウムと糖質、脂質を代謝させる成分がいっぱい入っています。

みそには、ビタミンEが含まれていますし、高血糖の改善に役に立つサポニンなどが含まれています。このように、大豆製品でも食費によって、プラスの働きに期待が出来るので積極的にとる事をお勧めします。

特に納豆は、レシチンという成分が含まれています。レシチンは血糖値の上昇を抑える事が出来ます。これは、約60兆個の細胞がありますが、その中に必ずレシチンが含まれています。納豆に加工してもレシチンは減らないという事です。

そして、やっぱりナットウキナーゼです。これは、酵素で血栓を溶かします。糖尿病になっている人は、合併症で脳梗塞や心筋梗塞の可能性が高いので、血液をサラサラにするので、これらの病気を予防にする事が出来ます。

卵納豆やねぎ納豆など食事のときに必ず食べるようにすると、健康にもいいですが、血液をサラサラにする事が出来ます。