もはしとゴボウは血糖値対策としても食べる|食物繊維も豊富!

野菜は色々とありますが、もやし、ブロッコリー、ほうれん草に今回は注目していきたいと思います。これらは、血糖値対策になります。

もやしは食後血糖値の上昇を抑える

af1cebe21faf817c50049dccf99771f4_s

もやしには、色々な種類があります。大豆もやし、アルファルファなどがあります。もやしっていうと水分ばかりのイメージが強く全く栄養がないように思われています。しかし、もやしは、実は栄養価の高い食品です。

そもそも、もやしって何か分かりますか?もやしは、ダイズから発芽した物です。大豆は、豆類で良質な植物性タンパク質を含んでいます。

そのため、もやしは非常に栄養価が高く、アスパラギン酸、カリウム、カルシウム、ビタミンB群、鉄などの栄養成分を含んでいます。

もやしは、豆類から発芽したためか、抗酸化力があるビタミンCも含んでいて、整腸機能のある消化酵素アミラーセを持っています。

野菜なので、もちろん食物繊維が多く含まれていてその内の90%以上が不溶性食物線維です。不溶性食物繊維は水に溶けない性質を持っています。そのため、腸内に入ると糖質や脂質とからまって外に排出されます。

そのため、もやしは、食後血糖値の上昇を抑える事が出来るといえます。もやしは、安いですし、色々と料理に使える場面は多いと思うので使ってみると良いです。

ゴボウは食物線維も豊富でイヌリンが有効的

195ffd8c9ddce4c784ee4f73c318cfa5_s

ゴボウには、セルロース、リグニンなどの食物繊維が豊富で党内環境を改善するのに役に立ちます。大腸がんの予防にもなる食べ物だそうです。

ゴボウで一番注目されているのは、イヌリンという成分です。ごぼうの皮部分にあって、食べるのがお勧めです。イヌリンというとキクイモのイメージが強いのですが、ごぼうにも含まれているので、以外と身近な食べ物で摂取する事が出来ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です