血糖値を改善するには糖質制限が必須

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s

血糖値を改善するためには、糖質制限が必須です。血糖値が高いのに今まで通りの食事をしているようでは血糖値を改善する事は難しいです。

今のまま食事を改善しないとどうなるか分かりますか?最終的には糖尿病になってしまいます。糖尿病は一度なってしまうと治らないので非常に危険な病気です。

糖尿病になるとどうなるかというよりも高血糖状態が続くので、血管が傷つけられたり、コレステロールや中性脂肪も関係して、脳梗塞や心筋梗塞になってしまう可能性が高いです。そのため、糖尿病が怖いのではなく糖尿病による合併症が非常に怖いんです。

だから、健康診断や人間ドックで血糖値が高いと診断されたのであれば改善するチャンスなんです。これからは、血糖値を改善するための食事を意識する事が非常に大切だと考えています。

血糖値を改善するための基本的な食事の仕方

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s

血糖値を改善するためには糖質制限が重要です。今の食事では、恐らく糖質を取り過ぎています。現代人の1食当たりの糖質は70~100g程取っていると思いますなので、1日で210~300gも糖質を摂っています。

まずは、1日の糖質を半分にする事から初めて最終的には、70~140gの間に収まるようにしましょう。いわゆるロカボという物を実践するのがおすすめです。

この糖質制限は非常に難しいですが、頑張ってやる必要があります。野菜をメインにするのも当然ですが、ビタミンb1が含まれている豚などもしっかりとるようにしましょう。

そして忘れてはいけないのが、間食です。間食は絶対にやめてください。食べるにしても週に2回とかかなり減らしてください。また、糖質ゼロのチョコレートも販売されているので、とにかく糖質を制限する事を忘れてはいけません。

飲み物もそうです。ジュース500mlも飲むとそれだけジュガー袋10本ぐらいになるので、絶対に飲んではいけません。

飲むなら果糖ジュースがいいです。果糖は血糖値を上昇させないので、飲んでも平気なのですが飲み続けると血糖値を上げる原因になっています。だから、たまに飲むぐらいがいいです。

普段は、お茶やブラックコーヒーがお勧めです。後でおススメの飲み物を紹介していきます。

普段の食事では、野菜を一番初めに食べるようにしましょう。ベジ・ファーストといって野菜をはじめに食べると食物繊維が多く含んでいるので糖の吸収を抑える事が出来るんです。

食物繊維には、水溶性と不溶性がありますが、バランスよく摂りましょう。

また、レジスタントスターチという考え方もあって冷やす事で糖質が食物繊維と同じような働きをするというものです。

ラーメンよりもつけ麺がいいですし、かけそばよりもざるそばの方が血糖値の上昇を抑える事が出来るんです。

血糖値改善のための食べ物とは?

血糖値を改善するための食べ物は色々とあります。ゴーヤ(にがうり)やまいたけ、大豆製品と色々と血糖値には良いです。

その中でもまいたけはには、d-フラクションとx-フラクションがあり、多糖類の一種です。まいたけには、この成分があり血糖値をコントロールする必要があります。

他にもマグネシウムや亜鉛、ナイアシンもあります。

具体的に上げるとキリがないのですが。大豆成分にはポリフェノールの一種であるイソフラボンがふくまれていますし、海藻類には、ヌルヌル成分であるフコイダンが含まれています。

オクラや納豆にはネバネバ成分が体内の環境を改善します。当サイトでは、特にお勧めしたい商品があります。

当サイト最強の血糖値食材

f7ee23133697b335de5e3224bf6983b4_s

納豆には、3つの成分が含まれているので血糖値、ヘモグロビンA1cを下げる働きがあります。注目したい成分は、ビタミンB2と食物繊維とレシチンです。

ビタミンB2は、脂質の代謝を促して血糖値の上昇を抑える事ができます、納豆1パック食べれば1日充分だと思います。また、食物繊維は、食後血糖値をおさえるので、インスリンを分泌する必要がなくなり、膵臓を休ませる事が出来ます。

最後にレシチンという成分は、血糖値を上昇を抑えるインスリンを活発化させます。これほどの血糖値改善に有効的な食べ物はないんじゃないの?と思います。

それだけ、お勧め出来る食材です。

納豆には、まだまだあって、ナットウキナーゼという成分を持っています。ナットウキナーゼは、血栓を溶かすので血液をサラサラにする事が出来るので糖尿病による合併症を予防する事が出来ます。

納豆の効果をもっと知りたい方はこちら

血糖値を改善する飲み物は?

血糖値を改善する飲み物で有名なのがバナジウム水です。バナジウムで血糖値が改善したという例があるそうです。

fotolia_53835416_xs

実際に大学で調査した結果血糖値の改善が見られたという話しです。

また、シークワーサーにも血糖値改善の効果があって、ノビレチンという成分とシークワーサーの果汁が血糖値を抑えるそうです。

特におススメなのが、ブラックコーヒーです。コーヒーには、クロロゲン酸がインスリンを分泌させてインスリン感受性がよくなるという話です。

実際にブラックコーヒーを飲んだ方が糖尿病の発病率が少なかったという結果になりました。だから、食前や食着にコーヒーを飲むならブラックコーヒーがお勧めです。

血糖値サプリで血糖値を改善出来るの?

当サイトでは、血糖値サプリはあまりお勧めできませんが、各メーカーが必至になって血糖値改善するためのサプリメントを販売しています。

中には、非常にひどい製品もあるので注意が必要です。ですが、血糖値サプリに頼り過ぎにならずにサポートとして使う分にはお勧めです。

血糖値を下げるサプリはこちら

上記のサイトでは、血糖値サプリに頼り過ぎでも血糖値が改善する事はないといっています。あくまでも血糖値サプリは血糖値を改善するためのサポートとしてつかうべきです。

血糖値サプリに使われている成分についてですが、血糖値サプリには、大きく分けて2種類があります。糖の代謝を促すタイプと糖の吸収を抑えるタイプです。

糖の代謝を促すタイプ

糖の代謝をアップさせるタイプは、ALA(アラ)というアミノ酸です。これは、人間がエネルギーを作るために活躍するミトコンドリアを活性化させる物です。

ミトコンドリアが活性化すれば、それだけ糖の代謝がアップするので、血糖値を抑える事が出来るんです。

糖の吸収を抑えるタイプ

糖の吸収を抑えるタイプは、サラシアなどが有名です。この成分は、ダイエットとしても使われますが、血糖値対策でも使われる程重要な成分です。

サラシアには、珍しい化学構造もった「サラシノール」と「コタラノール」という2つの有効成分を持っています。

これがら、消化酵素の働きを阻害するのです。二糖類から単糖類に小腸で分解するのが消化酵素α-グルコシダーゼです。この消化酵素の働きを阻害するので、糖の吸収を抑える事が出来るんです。

最後に運動をする事を忘れてはいけない

当サイトは血糖値を改善するためには、食事療法が大切だ思っています。ですが、食事療法と合わせて運動療法も忘れてはいけません。

fotolia_66377673_xs

毎日、きつい運動をする必要は全くありませんが、週末の休日に運動するなど工夫してみてはどうでしょうか?いつも、電車で座っているなら立って出勤するだけでもエネルギーを使う事になるので、血糖値の改善につながります。

もちろん、いつもエレベーターを使っているなら階段をつかったりするのもいいでしょう。

テレビを見ながらの腹筋や筋トレでも十分に血糖値を改善する事は出来るので、ちょっとでもいいので、運動をしてください。

ジョギングがつらいならウォーキングでもいいので、とにかく体を動かす事を意識してみてはどうでしょうか?

最後に、血糖値を改善するためには、サプリメントに頼るのではなく食事療法と運動療法の2つのバランスを考えて改善する事を忘れてはいけません。